.

ようやく仕かける時という場合には一番に事前準備をサボってはいけません。トレードを始める前ならば、その物を合理的に観察する事ができる余裕があります。ところが、マーケットの中に入ってしまうと、どう工夫しても受け取り方が自分勝手なものになってしまいがちで、時としてしっかりとした考え方が出来なくなる。危険があります。それだけに自分の頭が理性的な段階で、しっかりと事前準備が必要です。”事前準備”とは、最初はあなたの物語を書くことから開始します。未来の投資状況は上がる(または下がる)から、ユーロを買う(あるいは売る)というようなあなただけのシナリオを立てていくのだ。次に時間足チャートをチェックしましょう。以前のレートの上がり下がりチェックして現時点の相場を確認する。そうすれば、「だいぶ高すぎる状況にあるな」とか、または「今となっては多数の方が買い(あるいは売り)に動いているからこの先自分がしかけてももう遅いな」ということが見えてきます。言うまでも無く今さら売り(または買い)するがやりようがないと思ったならば、売買しないで、それは諦めることが肝心です。自分なりの脚本を押し通して、割り切らずに注文すると、外国為替市場に押し返されてしまいそればかりかマイナスになる可能性があります。そうは言ってもたいがいの場合緻密な自分なりのシナリオを作り上げているとすれば、エントリーが手遅れということにはならないと思います。おそらく、実際に市場が動意する前の状態のはずだからです。更に、とりあえず自分がとろうとする通貨ペアの上下動をしっかり確かめる事が重要です。もし、ドル高が進むだろうという物語を記したのであれば、その外貨の上げ下げに用心しておきます。市場の変動を注視し始めたばかりでは、まだその通貨は誰の眼にも明らかに変動する気配を見せることなく、上や下にちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。だが、その変化を注目しているとあるところで円安へと動き始めてくる。この状況でいよいよ、ドル円の注文をします。おおむね、慎重に事前準備さえしておけばそのエントリーで稼げる率は割合大きくなります。